お肌のしくみ

お肌がどういう仕組みになっているのかご存知ですか?
皮膚には主に以下のような働きがあります。

 

・外部からの異物の侵入を防ぎます。
・化学物質などの刺激から守ってくれます。
・老化した皮膚を排泄してくれます。

 

皮膚は3つの層からできています。
表面から表皮、真皮、皮下組織です。

 

表皮は厚さわずか0.1o〜0.3oで、4層からなっています。
お肌の細胞は表皮の最下層である基底層でつくられ、28日間かけて角質層に押し上げられます。

 

最後には垢となって剥がれ落ちるのですが、このサイクルは新陳代謝(ターンオーバー)と呼ばれています。

 

角質層は角質細胞とその間にある細胞間脂質からなり、異物や刺激の侵入を防く働きがあります。

 

角質層のNMF(天然保湿因子)は水分をためてしっとりみずみずしいお肌を保つ働きがあります。

 

角質層とともにバリアゾーンと呼ばれる顆粒層は、細菌や化学物質の侵入からお肌を守っています。

 

真皮には皮膚の弾力とハリを保つ重要な働きがあります。
繊維状のコラーゲンやエラスチンと粘膜状のヒアルロン酸からできています。

 

これらの物質は全て年齢と共に減少してしまい、シワなどのお肌トラブルの原因になってしまいます。

 

そして皮膚の一番内側には皮下組織(皮下脂肪)があります。
皮下組織の主な働きは、体温の維持、外部からの衝撃に対するクッションの役割、脂肪というかたちでエネルギーを蓄える役割などがあります。