乾燥・紫外線(弾力の低下)

若いころは目立たなかった『ほうれい線』も、年齢を重ねるごとに深く目立ってきてしまいます。

 

『ほうれい線』はどうしてできてしまうのでしょう?
注目したいのは『ほうれい線』が正真正銘の「しわ」だということです。

 

「しわ」ができる原因はいくつかあります。

 

まずは、お肌の乾燥と紫外線です。

 

お肌の乾燥は角質細胞と角質細胞をつないでいるヒアルロン酸の減少によっておこります。

 

ヒアルロン酸は年齢とともに減少するので、角質層の水分量を保つことができず、お肌の保湿機能が低下してしまうのです。

 

乾燥したお肌はバリア機能が低下し、外部からの物質の影響も受けやすくなってしまいます。

 

また、この時期は特に空気が乾燥するので注意が必要です。
薄かった『ほうれい線』が一気にくっきりとなる可能性があります。

 

紫外線は真皮にあるコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうのです。
コラーゲンやエラスチンが破壊されると、お肌からはハリや弾力が奪われてしまいます。

 

この紫外線ダメージが「しわ」を作ってしまうのです。

 

紫外線で厄介なことは、若いときに浴びた紫外線も、その当時は大丈夫でも、数年後に必ず影響が出てしまうということです。

 

ずっとお肌の奥で出番を待っているような感じです。
そして時期が来ると『ほうれい線』を含めた「しわ」や「しみ」となって出てくるのです。

 

紫外線はお肌にとって、まさに「百害あって一利なし」なんです。