コラーゲン

もうこの名前を聞いたことがない人はいませんよね。
お肌の真皮だけでなく、骨や軟骨、腱などを構成している成分です。

 

コラーゲンは20代半ばくらいまでは活発な新陳代謝でどんどん生成されますが、それ以降は年齢とともに減少してしまうのです。

 

コラーゲンが減少することで、お肌はハリや弾力を失い『ほうれい線』が深くはっきりと出てしまいます。

 

だからと言って、コラーゲンだけ補えばいいかというとそうではないのです。

 

コラーゲンは引く力に強い膠原繊維と呼ばれ、弾性繊維であるエラスチンによってしっかりと支えられています。
この2種類がお肌のハリや弾力を保つ重要な働きをしているのです。

 

どちらか一方でも足りないと、十分な働きができないので、コラーゲンとエラスチンは一緒に補うと、より高い効果を期待できるのです。

 

コラーゲンを含む主な食品は豚足や牛筋、鳥軟骨、鳥皮、ふかひれなどが有名ですね。
これらの食品から十分な量を摂取できればいいのですが、そればかり食べている訳にもいきません。

 

そんな時はサプリやドリンクなどからの摂取でもいいと思います。
サプリなら、コラーゲンだけではなく、コラーゲン生成を促進するビタミンCなどを含んでいるものもあります。

 

化粧品でもコラーゲンを含んだ商品はたくさんあります。
プラスαの効果が期待できる商品もありますので、お試しなどを利用して、試してみるのもいいですね。